メニュー

令和4年度 糖尿病大血管障害検証報告会―Early Detection and Management of

Macrovascular Complication of Diabetes ( EDMMCD Study)― 糖尿病合併症学会同時Web開催-  糖尿病学会、合併症学会、内分泌学会より内保連へ申請依頼、該当企業への申請依頼

1.当研究会推奨糖尿病Control 基準と問題点・実情について

久留米大学医学部内分泌代謝部門 教授(EDMMCD Stud委員長)   田尻 祐司 

2.Importance of multiple risk factor active control for the prevention of the onset

and progression of macrovascular complications in Japanese type 2 diabetes

投稿論文の 主旨・要点(新規性)報告

池淵クリニック 院長   池淵 元祥

3.既報紹介 (トレランGよりの有用性、食後HL 評価他)

Effects of a new 75 g glucose- and high fat-containing cookie meal test on postprandial glucose and triglyceride excursions in morbidly obese patients  EJ 21-0615 2022

Yukako Yamamoto1,and Atsunori Kashiwagi1) et al

淡海医療センター 名誉院長  柏木 厚典

4.

A 既報 紹介

Biomed J Sci & Tech Res 34, 26853 2021

Proposal of Inappropriate Insulin Syndrome Screened with Standard Cookie Meal, A Possible Accelerating and Common Factor for Corona 19, Metabolic Syndrome and Obesity and its Clinical Significance Y Harano et al

B 投稿英文の主旨・要点紹介

Non-normalization of whole body, muscle and hepatic glucose clearance  in well controlled type diabetes with SGLUT-2 inhibitor and other oral drugs demonstrated with simplified SSPG and combined use of standard Cookie meal  test

C 健保適応が望ましい項目(臨床上、明かに有用、意義深いです)

標準Coolie  t(百点程度)、簡易SSPG法(1.5千点程度;現クランプ法、5千点+人工膵臓)、サンドスタチンの診断薬としての健保適応、血中インスリン測定(空腹時、食後2h)の健保適応強化(現80点、削除が多い)、運動療法の健保採用、入院時栄養指導(2回)の入院長期化の場合の回数増加(2回以上) 原納 優

5.コメント

  • EDMMCD代表世話人、古屋大祐(淡海医療センター、院長
  • Control 基準について―臨床専門医の立場からー、田尻祐二、松久 宗英(徳島大)
  • SSPG法、Cookie t、サンドスタチン診断薬の健保適応、河盛隆造(順天堂大)
  • 運動療法の健保採用ついて、 吹田市民病院 栄養部  南野 幸生
  • 入院時栄養指導(2回)の入院長期化の場合の回数増加食事栄養指導における仕組みとしてのインスリン不全症説明の重要性と糖利用能・血中インスリンレベル評価の意義について 児成会生習センター 管理栄養士 西村 寛子 

6.総合討論 PP、Word で投稿歓迎、 糖尿病合併症学会ご参加会員殿

協賛 公益財団法人健康加齢医学振興財団、Cookie t研究会、食事運動生活習慣をより良くする会。謝辞 趣旨ご理解いただき情報発信と実現へ、高所より協賛頂きました三和化学研究所他企業に深謝いたします。

下記よりご意見をどうぞお寄せください。

ご意見はこちらから

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME